テーマ:写真

ドラゴンフルーツ 日常から

「 ドラゴンフルーツ 」 召しませ炎 ドラゴンさんの鱗のようだと人は言うけれど 私には炎のように見えるのよ さてさて 炎のお味はいかに・・・ ― 飛鳥 ― *当ブログ内の画像および文章の無断転用・再配布はご遠慮願います 著作権は放棄しておりません ************ …
トラックバック:0
コメント:51

続きを読むread more

バラの時計台 自分方程式

「 バラの時計台 」 昔々 白い国にバラの時計台があった その花は100年の間つぼみのまま眠り続け 月が満ち波も満ちた時 月明かりに照らし出されて  ひっそりと咲き 光り輝いた せめぎ合っていた人々も 悪夢にうなされ続けた人々も 色を失くした国に迷い込んだ旅人達も その花の輝きに目覚め…
トラックバック:1
コメント:33

続きを読むread more

金柑 パンの中のジュエリー♪

「 金柑パン 」 おはよー 今日のパンはなぁ~に? さて何でしょう? ゆっくり煮詰めた金柑がパンの中で きらきらと輝いているよ パンを見るあなたの目もきらきらと輝いているよ ― 飛鳥 ― 金柑の甘露煮 *金柑の重さの半分の量くらいのお砂糖を準備* 洗って少し切れ目を入れ ヘ…
トラックバック:0
コメント:35

続きを読むread more

ディズニーシー画像&銀の羽が舞った日

関東には珍しく雪の降った11日  親戚からチケットを頂いていたがこの日しか予定が立たず  体調の優れない中ディズニーシーに行ってきた 冷凍庫の中に居るような凍てついた空気の中 着いたはいいが 既に靴はびちょびちょに濡れ 手はかじかみ 行きたいといった張本人の小熊でさえ 顔の色を失くし 所々で丸…
トラックバック:0
コメント:37

続きを読むread more

節分 鬼とハグ

「静かなる苛立ち」 ひっそりと佇む花にさえ 生きる手段を見る 芳しいその香り 悩ましいその色香 全ては生きる為 時としてその美しさは残酷なまでに この身を裂く その美しさゆえ 心穏やかな時を奪われる 嫉妬に狂い手折ってしまおうか いっそ君を見なければ このまま 穏やか…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

洗礼 蘇る不死鳥

「 お~れんじ~♪ 」 ねぇねぇ 僕達の音楽が君に聴こえる? ほら 聴いて聴いて え?聴こえない? そうかぁ~ちょっと残念だけど 僕達は そんな君の為に 奏で続けるよ いつかきっと 君の心に届く事を信じて ― 飛鳥 ― 5月のデザインフェスタへ向けて ちょっと憂鬱な日々に惑わされ…
トラックバック:0
コメント:80

続きを読むread more

前向きなスタンス

「 朝つゆを浴びて 」 眩しいくらいに君は輝いている 手折って いつも私のそばに置きたい でもそれは叶わぬ事 手折ればその美しさは 忽ち色褪せるだろう 君に逢いたい時 私が君のそばに歩み寄ろう そっと触れる事だけは許しておくれ その美しさに触れる事は私の喜び 今日も輝きを放ち…
トラックバック:0
コメント:43

続きを読むread more

日帰り招待バスツアーの謎

「 三保ノ松原より望む富士 」 富士が呼ぶ  私を呼ぶ 夢中で走る砂浜 荒れ狂う海 その先に雄大に構える 富士 おまえはなぜ ここにいるのだ 心の底に響くその声は 優しさときびしさとを持ちながら 立ちつくす私へ 問う 今は答えられない 答えられるほど 私は生き…
トラックバック:0
コメント:56

続きを読むread more

吹っ飛んだレバーと脚が生えた凧

「 飛べ  」 風を掴み 陽に照らされ 飛べ 力強く どこまでも そして高く 飛べ ― 飛鳥 ― 新年  明けましておめでとうございます 昨年中は大変温かい励まし 応援 また…
トラックバック:0
コメント:86

続きを読むread more

自分に勝て~運動会編

「 ちょいと雨宿り 」 何やってんの?って みりゃあ分かるべ 雨宿りってぇやつをやってんでぇ 何 いつまで見てんだい? なんか おかしいかよ どんな格好しようと しったこっちゃねぇやい 人は人 俺様は俺様 それにしても。。。 ちょっと降って来たなぁ~ ― 飛鳥 ― 画…
トラックバック:0
コメント:49

続きを読むread more

怒涛のGW

「 ガラスの城 」 Powered by FlipClip ― 飛鳥 ― *当ブログ内の画像及び文章の無断転用・再配布はご遠慮願います *************** 漸くPCを触れました(笑 我が家の連休はカレンダー通りなので 5月2日から始まりました 風邪から例の如く喘息 気管支炎へ…
トラックバック:0
コメント:39

続きを読むread more

体長不良~ヘルプ要請~受賞…色々…感謝

「 萌え出づる道 」 ゆき過ぎる時に翻弄され 長き幾多の道を越え 辿りつくは 萌え出づる道 過去と未来を繋ぐ 萌え出づる道 ― 飛鳥 ― *当ブログ内の画像及び文章の無断転用・再配布はご遠慮願います          …
トラックバック:0
コメント:40

続きを読むread more

分けられません 墓石は

「 さくら エンジェルに抱かれて 」 そっとね そっと抱いてね そうすれば 貴方の腕の中で すこーしだけ 長く 時を一緒に過ごせるから そして さよならするの また 来年 逢いましょ ― 飛鳥 ― *当ブログ内の画像及び文章の無断転用・再配布はご遠慮願います
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

トップの資質

「 戦場 」 ― 飛鳥 ― *当ブログ内の画像及び文章の無断転用・再配布はご遠慮願います            春休みに入り 普段は節約モードの我が家も外食をする事が多い しかしここの…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

アートフェスタでの一日 

「 こんにちは 」 こんにちは あたし 君は普段の あたし じゃないよね そう 色々な あたし がいるよ でも これも普段の あたし あたし あたし あたし 丸ごと全部 あたし ― 飛鳥 ― *当ブログ内の画像及び文章の無断転用・再配布はご遠慮願います ************ …
トラックバック:1
コメント:39

続きを読むread more

St.Valentine’sDay

「 フランボワーズの酸味とともに 」 ゆっくりとお茶の香りが漂う 午後の静かな時間 色んな事があったね 私達 これからも きっと色んな事があるんだろうね ふと窓の外をみると  番鳥が ようやく開いた梅の花を無心についばんでいる そんな光景を目にしながら 一片のチョコレートを口に運ぶ フランボ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

生まれてきて 良かったと思える日

「 幸せな誕生日 」 お誕生日 おめでとう 彼女は 満面の笑みを浮かべ 暖かい食事を口へ運ぶ あなたの リクエストのメニュー 朝から頑張って作ったよ あなたの 喜ぶ顔が見たくって ― 飛鳥 ― 当ブログ内の画像及び文章の無断転用・再配布はご遠慮願います  {%ク…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

Uターン禁止

「 門 」 そこに重たくそびえ立っつ門があった 身をよじりながら 渾身の力をふりしぼって押す 錆びついた蝶番の軋む音が心に落ちる 音を噛みしめる すると瞬く間に 苦く切ない味が広がり 形を現す この門を開けようとする手に 足に 容赦なく絡みつく すがる悲しみ 苦しみ達よ おまえ達がどれ…
トラックバック:0
コメント:27

続きを読むread more

ほんのちょっと タイムスリップ

音楽を止めたい方は画面左上 「Slid」の右横のオーディオマークをクリックしてください 記事にしはぐっていました  昨年の9月頃だったかしら う~んそれすら 記憶がない 東京都埋蔵文化財センターへ行きました 何を…
トラックバック:0
コメント:33

続きを読むread more

Imagine 世界の平和を願いつつ

「 独り? 」 独り? 生まれてくるのも 独り この世を旅立つのも 独り? でも 生きている時は独りじゃないよね きっと誰かが見守っていてくれている 迷ったり 回り道したり 行ったり来たり 立ち止まって 後ろ向きになったり。。。 色んな事があるよね とっても辛かったり 悲しかった…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

赤と黄色のトラウマ…?

「 彩の共演 」 ************ きっとモミジとイチョウだから 綺麗だと感じるのだろう 散り際の艶やかさ  迎える冬を一寸忘れさせる 彩の共演 ところが どうしてもこの色合いを見ると思いだす出来事がある 私が小学校の高学年の時   母は何やら古い毛糸をほぐして丸めた塊を…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

この一年に思う ~ 亀になります

「 陽に映える 微かな紅(くれない) 」 紅  闇では その色を失くす 一筋の陽に照らされ初めて萌える ほんの微かな光でさえ その彩は忘れる事無く輝く 陽に輝き 冷たい夜にとける 全ての彩を覆い尽くす冷たい闇 私も共に身じろぎもせず そこに耐える 紅(くれない)よ お前は そ…
トラックバック:2
コメント:27

続きを読むread more

心の重荷

「 白に浮かぶセピアの思い出 」 知人の女流画家の個展を見に銀座に行く事になった 電車を降り地下通路から出ると 目の前にN子と待ち合わせのカフェがあった 銀座の街は 見上げると青空が広がっている カフェに入り カフェオレを頼んだ  N子との待ち合わせの時間は10:30 少し早めに着…
トラックバック:0
コメント:55

続きを読むread more

「 夜景 」 ~ 貴方の風邪はどこから?

「 夜景 」 ただ眺め 癒される 綺麗だと感じる 本当に・・・綺麗? 空に輝く星達を 吸い尽くしてしまった都会の夜景 綺麗 と見とれても  何故か物哀しさが心に残る 空に瞬く星達を そっと胸にしまい込み。。。 ― 飛鳥 ― *無断転記 転写はご遠慮願います ******…
トラックバック:1
コメント:51

続きを読むread more

メビウスの帯的愛の形 ~ 警告恐怖文字

「 囁き 」 愛してる って 囁いて 愛してる って 抱きしめて 愛してる って 傍にいて 愛してる って・・・ あなたは・・・いない 愛してる って 何?・・・ あなたが居なくなって初めて知ったの 「愛してる」って いっぱい言われたかったけど あなたを 愛していなかった 事を・…
トラックバック:1
コメント:31

続きを読むread more

「 根張る 」 ~ 近況報告

「 根張る 」 僕は生きる事を諦めない どんなふうに流れていくのか分からない ある日突然 切られてしまうかもしれない それでも諦めない 僕は耐えがたい程の苦痛さえ いっときのものだと信じる 誰も気付かず通り過ぎようと 僕は生きる そして 語る 語り続ける ― 飛鳥 ― *無断…
トラックバック:1
コメント:28

続きを読むread more

スタートライン

「 新しい画材から 」 真新しいスケッチブックに触れる ときめきが走り 少々ぎこちなく開く そこには無限の世界がぽっかりと空いている そのスペースに自分だけの世界を映し出す 映し出した時 自分の小さい世界は見知らぬ人との共有の物となる 受け入れられずとも 笑われても 描き続け 伝えたい …
トラックバック:0
コメント:34

続きを読むread more

心の目

「 ん めぇ~~~ 」 おやじギャグの様な作品名で しかも 季節はもう秋 こんな風にビールをグビグビッ ん めぇ~ という季節でもありませんよね(笑 実は前回の記事でフレンドさんと ヤギの目について少々語り合ったのですが ヤギの瞳って真一文字ですよね じっとみると …
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

闇の子供達

「 窓 」 ほら見て この窓の向こうに空が広がっている 貴方には何が見えるかしら 恐れないで  ゆっくりでいいから この窓を開けて 羽ばたいてごらん 貴方は貴方を信じて 貴方は貴方 そのままの貴方 ― 飛鳥 ― *web上での無断転記はご遠慮願います *…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more