St.Valentine’sDay

「 フランボワーズの酸味とともに 」 ゆっくりとお茶の香りが漂う 午後の静かな時間 色んな事があったね 私達 これからも きっと色んな事があるんだろうね ふと窓の外をみると  番鳥が ようやく開いた梅の花を無心についばんでいる そんな光景を目にしながら 一片のチョコレートを口に運ぶ フランボ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

生まれてきて 良かったと思える日

「 幸せな誕生日 」 お誕生日 おめでとう 彼女は 満面の笑みを浮かべ 暖かい食事を口へ運ぶ あなたの リクエストのメニュー 朝から頑張って作ったよ あなたの 喜ぶ顔が見たくって ― 飛鳥 ― 当ブログ内の画像及び文章の無断転用・再配布はご遠慮願います  {%ク…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

Uターン禁止

「 門 」 そこに重たくそびえ立っつ門があった 身をよじりながら 渾身の力をふりしぼって押す 錆びついた蝶番の軋む音が心に落ちる 音を噛みしめる すると瞬く間に 苦く切ない味が広がり 形を現す この門を開けようとする手に 足に 容赦なく絡みつく すがる悲しみ 苦しみ達よ おまえ達がどれ…
トラックバック:0
コメント:27

続きを読むread more

日常じゃない 時間

今日はちこっと 刺激的な 一日を過ごしたよ(*^_^*) 東京多摩市の パルテノン多摩ら辺を 朝からうろついておりましたの パルテノン多摩の女子トイレにひょいと入ると  うおぉ~ コスプレの若い女の子達がいっぱい おもむろに トイレを出て周りを観察すると  …
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

彷徨い歩いて

いつもより キリキリと空気が痛い 少しだけ 用心しながら息を吸い込む らせん階段をこれげ落ちるように 冷え切った酸素が体中を巡る ちらちらと降り始めた雪は やがて足元を隠す位の深さになっていた 今いったい何時だろう 何時だっていい そんな事は問題ではない 今は彼女の事を考えたかった とうにこの世を旅立ってしまっ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

遊ぼうよ(=^・・^=)~私 お勉強します

「 決まった 」 とんだ おバカ親子でごめんなさいましね たまには こんな おバカ画像でも良いでしょう~∀~)m(笑 遊んで遊んで とせがまれる 冬休みも終わり なんとか 今のところインフルエンザにもかからず 過ごしておりますが 年明けは去年遊べなかったディアボロを引っぱり出しましたの …
トラックバック:0
コメント:31

続きを読むread more

Imagine 世界の平和を願いつつ

「 独り? 」 独り? 生まれてくるのも 独り この世を旅立つのも 独り? でも 生きている時は独りじゃないよね きっと誰かが見守っていてくれている 迷ったり 回り道したり 行ったり来たり 立ち止まって 後ろ向きになったり。。。 色んな事があるよね とっても辛かったり 悲しかった…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

サンタのミステリー

「 サンタさん ま~だかな♪ 」 今年も あっと云う間にクリスマス サンタさん待ってぇ~な気分ね 一緒にサンタさんを追いかけようか ― 飛鳥 ― *無断転記 転写はご遠慮願います 初回課題作品  めくる楽しさを意識したグリーティングカード作り タイトル画と最後の乾杯の画は私の悪…
トラックバック:0
コメント:39

続きを読むread more

イルミネーション

「 光に誘われて 」 寒いね もうお家に 帰ろうか うん でも もう少し。。。ここに居たいな ずっとここに居たら もしかして 天使が舞い降りてくるかもしれないね 女の子はつぶやき 冷たくなった小さい手に息を吹きかける 天使よ 天使 明かりに誘われて きておくれ そして…
トラックバック:0
コメント:34

続きを読むread more

赤と黄色のトラウマ…?

「 彩の共演 」 ************ きっとモミジとイチョウだから 綺麗だと感じるのだろう 散り際の艶やかさ  迎える冬を一寸忘れさせる 彩の共演 ところが どうしてもこの色合いを見ると思いだす出来事がある 私が小学校の高学年の時   母は何やら古い毛糸をほぐして丸めた塊を…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

この一年に思う ~ 亀になります

「 陽に映える 微かな紅(くれない) 」 紅  闇では その色を失くす 一筋の陽に照らされ初めて萌える ほんの微かな光でさえ その彩は忘れる事無く輝く 陽に輝き 冷たい夜にとける 全ての彩を覆い尽くす冷たい闇 私も共に身じろぎもせず そこに耐える 紅(くれない)よ お前は そ…
トラックバック:2
コメント:27

続きを読むread more

心の重荷

「 白に浮かぶセピアの思い出 」 知人の女流画家の個展を見に銀座に行く事になった 電車を降り地下通路から出ると 目の前にN子と待ち合わせのカフェがあった 銀座の街は 見上げると青空が広がっている カフェに入り カフェオレを頼んだ  N子との待ち合わせの時間は10:30 少し早めに着…
トラックバック:0
コメント:55

続きを読むread more

イラスト「 踊り子 」

「 踊り子 」 踊る 踊る 闇を裂き 踊る 踊る 踊る 悲しみも 憂いも忘れ 踊る 踊る 踊る  行きつくところなど無い 踊る 踊る 息絶えるまで 踊る ― 飛鳥 ― *無断転記 転写はご遠慮願います 手描き  画材 ガッシュ 水彩 (まだ描き足りないと感じて…
トラックバック:0
コメント:37

続きを読むread more

「 夜景 」 ~ 貴方の風邪はどこから?

「 夜景 」 ただ眺め 癒される 綺麗だと感じる 本当に・・・綺麗? 空に輝く星達を 吸い尽くしてしまった都会の夜景 綺麗 と見とれても  何故か物哀しさが心に残る 空に瞬く星達を そっと胸にしまい込み。。。 ― 飛鳥 ― *無断転記 転写はご遠慮願います ******…
トラックバック:1
コメント:51

続きを読むread more

メビウスの帯的愛の形 ~ 警告恐怖文字

「 囁き 」 愛してる って 囁いて 愛してる って 抱きしめて 愛してる って 傍にいて 愛してる って・・・ あなたは・・・いない 愛してる って 何?・・・ あなたが居なくなって初めて知ったの 「愛してる」って いっぱい言われたかったけど あなたを 愛していなかった 事を・…
トラックバック:1
コメント:31

続きを読むread more

「 根張る 」 ~ 近況報告

「 根張る 」 僕は生きる事を諦めない どんなふうに流れていくのか分からない ある日突然 切られてしまうかもしれない それでも諦めない 僕は耐えがたい程の苦痛さえ いっときのものだと信じる 誰も気付かず通り過ぎようと 僕は生きる そして 語る 語り続ける ― 飛鳥 ― *無断…
トラックバック:1
コメント:28

続きを読むread more

憂鬱からの脱出

「 憂鬱 」 僕はここにいる 確かにここにいる けだるいセピアに埋もれて・・・ 迫りくる孤独は止められない だけどその恐怖すら色褪せる どうしようもない無力にさいなまれ 宙に浮き 鼓動だけを感じる 感じる事だけは出来る だから 今少し こうしていよう 僕の行き先を見つけるま…
トラックバック:1
コメント:30

続きを読むread more

スタートライン

「 新しい画材から 」 真新しいスケッチブックに触れる ときめきが走り 少々ぎこちなく開く そこには無限の世界がぽっかりと空いている そのスペースに自分だけの世界を映し出す 映し出した時 自分の小さい世界は見知らぬ人との共有の物となる 受け入れられずとも 笑われても 描き続け 伝えたい …
トラックバック:0
コメント:34

続きを読むread more